会社の歴史

アンテロープ・オーディオ社は、伝説のアードシンクの開発者、イーゴア・レービン氏の発案により生まれました。 アードバーク社のハードウェア・エンジニアとしてイーゴアは、デジタルオーディオの同期の分野において数えきれないほどの技術革新を行いました。20年以上の経験と、他を寄せ付けない圧倒的なデジタルオーディオに対する理解力で、イーゴアは性能と品質に新しい基準を確立し続けています。





アンテロープ・オーディオ社は、期待を上回る最高のデジタル技術を提供し、オーディオのレコーディングをより高度な水準に引き上げるために設立されました。そのテクノロジーはアナログオーディオの持つ暖かさを犠牲にすることなく、デジタルオーディオの持つパワーをフルに活用することができ、アナログとデジタルの両方の長所を持ち備えています。