アンテロープ・オーディオ、Rubicon(ルビコン)を発表 ― 世界初のアトミックAD-DAプリアンプ

Antelope Audio Rubicon Atomic AD/DA PreampRubiconはアトミッククロック内蔵の384 kHzコンバーター兼フォノステージ・プリアンプ、ヘッドホンアンプです。
 
2012年4月19日、東京、日本 ― アンテロープ・オーディオは、世界的に定評のある10Mルビジウム・アトミッククロックを内蔵した革新的な384 kHzデジタルオーディオ・プリアンプ、Rubiconを発表します。Rubiconは高精細オーディオへの高まる要望に応えるとともに、アナログ・デジタル録音双方を正確にオーディオ表現・再生したいというハイエンドオーディオ愛好家の要望に応えるものです。Rubiconは5月3~6日に開催されるミュンヘン・ハイエンドショーで発表される予定です。
 
Rubiconは従来の水晶発振器の10万倍の安定度を持つルビジウム原子時計を内蔵する初めてのDACです。アンテロープの64ビットアコースティック・フォーカス・クロッキング技術と相まって、Rubiconはジッター制御の飛躍的な向上を実現し、かつてないほどの音質向上をもたらします。この同じ技術は、例えば「アバター」などの大ヒット作の音響制作や、世界中の最高の録音・マスタリングスタジオで使用されている当社の最高級クロックにも採用されているものです。
 

「オーディオ愛好家が、愛する音楽録音を世界で最も安定なクロックを使って聞くことができると思うとワクワクします。これにより、家庭環境における音楽鑑賞を全く新しい次元に導くことができ、それは、プロの最高級リスニングルームでしか聞くことが出来ない高精細な音に優るとも劣らない世界です」とアンテロープ・オーディオのCEOで創設者であるIgor Levin(イゴール・レビン)は話しています。
 
Rubiconは、丈夫な削り出しアルミニウムで作られた風格のあるアールデコ調の筺体に、ディスクリート・フォノアンプ、超リニヤ・デュアルステージ・ヘッドホンドライバとアンテロープの定評のある金メッキ・リレーボリュ-ムコントロールが収容されています。
 
トランスを用いた超低ノイズのディスクリートJFETフォノ・プリアンプはレコード愛好家に大変喜ばれるでしょう。384 kHz DACに加えて、Rubiconには超高速サンプルレートA/D変換機能があります。これらの機能と高精細USB録音機能により、アナログ原音の奥行きと温かさを保ったまま、ユーザーは、お気に入りの曲をデジタル化するという素晴らしい経験をすることが出来ます。
 
384 kHz USBストリーミングに加え、内蔵されたDLNA機能により、Rubiconは柔軟かつ円滑な使い方が可能になっています。USBストリーミングは、スマートホンやパソコン、NAS(Network-attached storage: ネットワーク接続ストレージ)サーバーからオーディオファイルをワイヤレスでプッシュし、それを高サンプルレートDACを介して楽しむことを可能にします。
 Antelope Audio Rubicon Atomic AD/DA Preamp 
Rubiconは、そのD/A変換技術を384 kHz Zodiac Gold DACから継承しています。同機は日本オーディオ銘機賞2012を受賞し、審査員や著名な音響技術者により、“長く使い続けられる”、“透明”、“中立”、“正確”などとの評価をいただいているものです。A/D回路は2011年のオーディオ・メディアギヤー・アワードの受賞機であるところのハイエンドプロ用マスタリングコンバーター、Eclipse 384のそれを継承しています。
 
アンテロープ・オーディオはRubiconを5月3日、午後2時、ミュンヘン・ハイエンドショー、ホール3、ブース番号A 04でメディアと一般に対して公開する予定です。
 
Rubiconの特徴
10万倍高精度な基準信号を実現する10Mルビジウム・アトミッククロック
64ビットアコースティック・フォーカス・クロッキングジッター制御技術
カスタムメードのオーディオトランスとディスクリートJFETプリアンプを持った超低ノイズフォノ入力
384 kHz A/D 及び D/Aコンバーター
全音量域で0.05 dB精度の制御が可能な金メッキ・ステップリレー・ボリュームアッテネータ
超リニア・デュアルステージ・ヘッドホンアンプ
デジッタ・オーディオS/PDIF出力
レコーディングオプション付き最高480 Mbits/384 kHzまでのカスタムUSB 2.0チップストリーミング
イーサネットインタフェースを介したDLNAストリーミング機能
 
アナログ入力
1 x PHONO(RCA端子)
3 x RCA端子
1 x HiZ(RCA端子)
1 x コンボ平衡(XLR / ¼ TRS)
 
アナログ出力
1 x 平衡(XLR)
1 x 非平衡(XLR)
 
デジタル入力
2x S/PDIF
2x TOSLINK
1x AES/EBU
Word Clock Input
イーサネットポート
 
デジタル出力
2 x デジッタ S/PDIF
 

One thought on “アンテロープ・オーディオ、Rubicon(ルビコン)を発表 ― 世界初のアトミックAD-DAプリアンプ

  1. Pingback: Antelope showt Rubicon op Munchen High End Show | Welcome by Unique Radio